明石市大久保町の産婦人科のはまなレディースクリニック
  • 診療時間表

    お問い合わせ先
  • ネット予約はこちらから
  • メールでのお問い合わせ

婦人科診療

主な婦人科疾患

子宮がん検診

子宮癌とは、子宮に発生する癌の総称で、主に子宮頸癌と子宮体癌があります。当クリニックでは、これらのがん検診(細胞診)を行っています。閉経すると体癌が増加します。併せてご相談ください。子宮頸部細胞診で異常がみられた方は、コルポスコピーによる精密検査が必要です。当院はコルポスコピー下の生検が行える施設ですので受診してください。

HPV検査

子宮頸癌の発生には、性交渉により感染するとされるヒトパピローマウイルス(HPV)が関係しています。ただHPVに感染したとしても多くの場合、無症状のままHPVは排除されていきますが、感染が持続した状態になると、子宮頸癌の前癌病変や子宮頸癌が見られるようになります。前癌状態の診断がついている場合、HPV検査は保険適応となります。健常者の場合でも、自費での検査が可能です。

卵巣腫瘍

卵巣腫瘍の90%以上は、良性腫瘍で、若い女性に多く見受けられます。卵巣癌をふくめ卵巣腫瘍は自覚症状に乏しいため妊娠時や検診時に偶発的に発見されます。治療は手術療法が中心となります。年齢と腫瘍の大きさ、挙児希望の有無によって手術適応がかわってきます。心配な方、手術が必要な方は当クリニックにご相談ください。

子宮筋腫

子宮筋腫は良性腫瘍なので症状が出ない限り手術は行いません。また閉経してしばらくすると縮小します。必要な場合、薬物療法を行います。ただし、筋腫が他の臓器を圧迫している、症状が2つ3つある、筋腫が不妊の原因と考えられる場合には手術療法も選択枝の1つになります。手術にあたっては、筋腫部分だけを摘出する筋腫核出術と子宮を摘出する子宮全摘術があります。

子宮内膜症

月経のある女性の10%程度の方は子宮内膜症があるといわれています。 生理痛が気になる場合や妊娠できない場合は躊躇せずに受診をお勧めします。子宮内膜症は気づかないうちに悪くなることがあります。 生理痛や不妊症の原因になるとされています。薬物療法と手術療法があります。

性感染症

性行為を介して感染する病気です。クラミジア感染症、淋病、トリコモナス膣炎、尖圭コンジローマ、性器ヘルペス、梅毒などがあり、とくに若い女性のクラミジア感染症の感染率が高い傾向にあります。おりものの異常や外陰部のかゆみ等、はっきりした症状が出る場合もありますが、無症状で、検査をして初めて分かる病気もあります。おかしいと思ったらすぐに受診して下さい。

ピル処方

避妊以外にも月経痛の軽減、月経量の減少、月経前の体調不良の改善等の他、ニキビにも効果があります。基本的には自費ですが一部保険適応となるものが、あります。当院で初めてピルの処方をご希望される場合、問診、診察が必要になります。緊急避妊(モーニング・アフターピル)、月経の移動等も可能ですのでご相談ください。

更年期外来

更年期症状は、多岐にわたりますが、おもな症状は次のようなものです。ほてり、発汗、冷え、めまい、耳鳴り、イライラ、不安感、不眠、抑うつ、無気力のほか、さまざまな症状を呈します。血液中のホルモン濃度を測定することで、更年期パターンになっているかどうかがわかります。ホルモン補充療法(HRT)や漢方薬による治療が行なわれ、自律神経調整薬、睡眠剤や向精神薬を使うこともあります。ここで大事なのは、更年期障害の背景に心的ストレスや性格的なものがあるので、当院では十分に、お話を伺って適切な処方をさせていただいております。

不妊治療

当院ではタイミング法による不妊治療をおこなっております。

© はまなレディースクリニック

ページ
TOPへ